| HOME | ヤドカリ図鑑 | エビスヤドカリ属の1種 |

更新日 2016-01-19

エビスヤドカリ属の1種

Catapagurus sp.

e-3ebisu01.jpg

大瀬崎湾内 水深14m 殻長7~8mm

e-3ebisu02.jpg

湾内、水深17m、殻長4~5mm。小さいので良く見ないとヒメヤドカリ属やウチウラエビスなどと勘違いしてしまう。

e-3ebisu03.jpg

いかにも足が速そうな雰囲気が良く出てる。この長い手足でピョンピョンと後方へ飛んで逃げる。

ホンヤドカリ科エビスヤドカリ属(Paguridae Catapagurus)エビスヤドカリ属の1種(Catapagurus sp.)

今のところ大瀬崎湾内からしか報告例のない謎の多いヤドカリ。殻長5~1cm程度の小型のヤドカリで同属のウチウラエビスヤドカリの様にピョコピョコと飛び跳ねる。大型の個体ほど歩脚やハサミ脚が内側に強く折折りこまれる。体色は透明の地に赤や白の横帯が複数はいる。身体に対して貝殻は小さく窮屈そうに見えることも特徴のひとつ。

itaru-M.jpg
こういった種が見たい場合は夜の湾内でコンタクトレンズを探すように砂地を徘徊する意外方法はない、、、?

inserted by FC2 system