| HOME | ヤドカリ図鑑 | メダマホンヤドカリ |

更新日 2016-01-19

メダマホンヤドカリ

Pagurus megalops

a-16medama01.jpg

大瀬崎湾内 水深25m 殻長3cm

a-16medama02.jpg

体色は肌色で眼はくすんだ緑色になる。また眼柄には黒点が一つあるのが特徴の一つ。

a-16medama03.jpg

湾内、水深23m、貝殻幅4cm。ウラシマガイなどの貝口の広い貝に入る。

ホンヤドカリ科ホンヤドカリ属(Paguridae Pagurus)メダマホンヤドカリ(Pagurus megalops)

湾内のやや深場水深20~40mに生息していて水温の低下と共に見られるようになる。右のハサミ脚が大きくかなり毛深い掌部は常に内側に折りたたまれている。また貝殻にはイソギンチャクをつけていることが多い。名前の通り眼は大きく特徴的。

itaru-M.jpg
シャカシャカ逃げるので撮影は大変。昼間は砂泥に埋まっているのか夜しか見かけない。

inserted by FC2 system